トップページインフォメーション健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス詳細
健康ワンポイントアドバイス
ほくろと皮膚がんの違い
 「先生、大変大変! 足の裏に黒いほくろみたいなものがあるの。
3日前にはだしで遊んでいた時はなかったのに。インターネットで調べたらメラノーマ(悪性黒色腫、皮膚がんの一種)かもしれないって。どうしよう!」
 皮膚に突然ほくろ・シミが現れたらビックリするのも無理はありません。でも、もしそれが血豆なら大丈夫。2週間もすれば治ります。
 一方で、顔や手のひら、足の裏など刺激を受けやすい部位に色調のムラや、隆起・陥没のあるほくろ・シミを見つけたら注意が必要です。特に、急に大きくなったり、色素が周囲に染み出したりしているものには気を付けてください。害のないほくろ・シミや血豆と皮膚がんとの区別は難しいのですが、あくまで目安として、自分でできる見分け方のポイントをご紹介します。
 まずは大きさです。風呂上がりに、ほくろ・シミに鉛筆のおしり(削っていない方)をあててみてください。鉛筆で黒い部分を隠しきれないほどの大きさであったら要注意。メラノーマの診断では、大きさが7ミリメートルを超えるかどうかが基準の一つで、鉛筆の太さがちょうどそのくらいだからです。
 次に形に注目してください。どの向きからみても左右対称にならない不規則な形であったり、ほくろ・シミの周囲に色素が染み出したりしているようであれば悪性の疑いがあります。
 皮膚科では、皮膚の細かな凸凹をダーモスコープという特殊な拡大鏡で観察し、凸の部分が黒ければ注意、凹の部分が黒ければほくろであるという見分け方をして、さらに確実な診断のためには皮膚の一部を切り取って検査を行います。疑わしいほくろ・シミを見つけたら皮膚科を受診し、まずはダーモスコープで観察してもらいましょう。
2018年8月1日発行 第1882号