トップページインフォメーション健康ワンポイントアドバイス > 健康ワンポイントアドバイス詳細
健康ワンポイントアドバイス
めまい
 めまいには目がグルグル回るものと、ふらついたり、目の前が暗くなったりするものの2種類があります。6割以上が目が回る方で、そのほとんどは耳の中の一番奥にある「内耳」部分の器官に異常が生じることで起こります。激しく目が回ったり、吐き気がするので、びっくりする人も多いと思いますが、命にかかわるものではありません。
 原因として多いのは「内耳性めまい」や「頭位性めまい」、そして、めまいとともに耳鳴り・難聴を伴う「メニエール病」です。
 また、ある時突然片方の耳が聞こえなくなり、めまいも伴う「突発性難聴」という病気があります。どの病気も、耳鼻科を受診すれば、きちんと診断し、治療してくれます。特にメニエール病や突発性難聴は早期に治療を受けることが重要です。
 ふらつきや目の前が暗くなるなどの非回転性めまいの中には、自律神経失調症や貧血(鉄分不足)、ホルモン異常、不整脈といった内科的要因から起こるものもあります。この中には、脳幹や小脳などで血管が詰まったり、出血したりすることで起こる“怖いめまい”も含まれます(全めまい患者の14%程度)。このめまいは、震え、しびれ、麻痺、歩けない、気を失うといった症状を伴います。そのようなときは、直ちに脳外科や神経内科を受診してください。
 受診するときは、めまいの起こり方や、同時に示された“他の症状(随伴症状)”も正確に医師に伝えるようにしましょう。
2010年10月1日発行 第1587号